Logo

Special Issues Special Issues

1 box for 2 trees project

1 box for 2 trees project

植林に繋がる
アスクルのコピー用紙で
持続可能な社会の実現に貢献
~1 box for 2 trees project~

植林状況

1 box for 2 trees project における
植林本数
1億9758
2010年10月~2022年4月時点
象のイラスト
虎のイラスト
現在の植林面積は
「14万150ヘクタール
おおよそ
“東京ドーム” 約2.9万個分に
相当します!
  • ※本プロジェクトにおける産業植林について
    樹種:ユーカリ 
    場所:インドネシア ジャンビ州およびリアウ州

「産業植林報告書」のご発行
- ご購入いただいたお客様へ

アスクルではお客様のご購入量に応じた
産業植林報告書の発行を行っております。
ぜひ貴社のサステナビリティ報告にご活用ください。

以下のリンクから必要事項をご入力し、お申込みください

1 box for 2 trees project

プロジェクト概要

「植えて、育てて、収穫する」

アスクルのインドネシア製コピー用紙A4 5,000枚には原材料となるアカシヤやユーカリの木が1本必要です。
そこで、インドネシア生産のアスクルオリジナルコピー用紙を1箱ご購入の場合、お客様の購入代金の一部が消費された原材料以上である、2本の産業植林につながり、それらが持続可能な原材料になりえることを確認する取り組みを2010年8月から行っています。

この取り組みはSDGsの「⑬気候変動に具体的な対策を」と「⑮緑の豊かさも守ろう」に該当します。

~1 box for 2 trees project の記録~
  • 2010年
    2010年
  • 2011年
    2011年
  • 2012年
    2012年
  • 2013年
    2013年
  • 2014年
    2014年
  • 2015年
    2015年
  • 2016年
    2016年
  • 2017年
    2017年
  • 2018年
    2018年
  • 2019年
    2019年

これまでのプロジェクトの記録詳細はこちらから
→ http://1for2.askul.co.jp/about_1boxfor2tree/

生産地の様子

コピー用紙の原材料はここで育っています!

「木の畑」は、インドネシア スマトラ島 ジャンビ州およびリアウ州の広大な土地にあります。
これからもインドネシア現地スタッフとともに責任のある調達を目指してまいります。

インドネシア地図

動画で知る生産地の様子

アスクルのコピー用紙ができるまで

生産地であるインドネシアの様子と生産工場の様子を動画でご紹介します

対象商品

アスクルのインドネシア産コピー用紙はPEFC認証を取得しています

PEFCは国際的な森林認証で、各国にある森林認証制度を国際的な基準に鑑み
お互いに認め合うための枠組み。
認証森林面積は3.3億万ha、CoC認証件数は12,663件(47カ国)にまで普及しています。(2021年9月末時点)

※最新の数値はこちらからご確認ください→
世界の国別PEFC認証林面積・COC数実績

\清潔感があふれる高白色で文字がくっきり読みやすい/
ASKULマルチペーパー 
スーパーホワイト+
\自然な白さだから幅広い用途にマッチ/
ASKULマルチペーパー 
スーパーエコノミー+
アスクル株式会社 CSR推進部