Logo

Sustainability 基本方針・マテリアリティ

マテリアリティ(重要課題)

アスクルのマテリアリティ(重要課題)

アスクルのマテリアリティ(重要課題)

新しい生活様式へのシフト、テクノロジーの進化を含む社会の変化、社会の課題も様々に変化し、EC市場をはじめとした自社を取り巻く環境が変化し続ける中で、これからも持続的な成長を成し遂げるための礎として、2020年に、新たにパーパス(存在意義)とバリューズ(価値観)を策定し、創業からの企業理念「お客様のために進化する」をDNAとし位置付け、新たな「ASKUL WAY」を策定・発表しました。

また、これに合わせ、持続可能な社会の実現に向けた活動指針として、「サステナビリティ基本方針」を新たに策定するとともに、当社が今後とも重点的に取り組むべき「マテリアリティ(重要課題)」を特定し直しました。

【特定したマテリアリティ(重要課題)】

アスクルのマテリアリティ(重要課題)

抽出・選定した13の項目のうち、3項目については企業活動の前提条件として「基盤」と位置付け、整理するとともに、10項目については、各項目の取り組み内容、相互の関連性と今後の推進体制等を踏まえ、5つのテーマに集約・整理しています。
今後、これらのマテリアリティ(重要課題)に基づき、中長期目標およびアクションプラン、KPI等を設定して、着実に取り組みを推進し、企業としての持続的な成長と、社会課題の解決・社会的責任を果たすことを両立させてまいります。

アスクル株式会社 メディカル部, アスクル株式会社 CSR推進部, 株式会社ディ・エフ・エフ

マテリアリティ(重要課題)の選定プロセス

マテリアリティ(重要課題)特定のプロセス

マテリアリティ(重要課題)の特定に当たっては、アスクルにおけるパーパス(存在意義)・バリューズ(価値観)や社内の各方針等を踏まえつつ、まずは国際的なガイドライン等を参照しつつ、課題を抽出・整理しました。その後、ステークホルダーへのヒアリングなどを通じて、「ステークホルダーにとっての重要度」および「自社にとっての重要度」という2軸に基づき課題を整理・評価検証を行い、さらに経営陣での議論、取締役会の決議を経て、マテリアリティ(重要課題)を特定・決定しました。

●【STEP1】 社会課題の抽出・検討、ステークホルダーからの要請の仮説の整理

SDGsの17の目標およびGRI、ISO26000、SASB、IIRCなど国際的な枠組み、ESG評価機関の調査項目等も含め、検討すべき社会課題を抽出するとともに、ステークホルダーごとの要請に関する仮説を把握・整理。

●【STEP2】 ステークホルダーとの対話

抽出した社会課題および設定した仮説を元に、アスクルに対する期待・要請、優先的に取り組むべき課題について、お客様、お取引先様、投資家、社内外の役員などへのヒアリング、社員へのアンケート調査等を実施。

  ヒアリング対象 ステークホルダーの期待例
お客様 BtoB事業におけるお客様 ・基礎的価値(価格・品質・納期等)
・サステナブル(CSR)調達 等
お取引先様 サプライヤー様(商品の仕入先) ・お客様接点の進化
・循環型社会に向けた協業
・サプライチェーン管理 等
エージェント様(担当販売店) ・お客様とのエンゲージメント
・テクノロジーの活用と進化 等
役員・社員 役員 ・DXによる成長性・収益性向上
・人材・ダイバーシティ 等
社外取締役 ・ビジネスの進化・変革
・主要株主との連携 等
社員
※アンケート調査の実施
・安心・安全な職場
・適切な処遇・評価・充実感
・多様な人材が活躍できる環境等
株主・投資家 機関投資家 ・ガバナンス、リスク管理
・財務情報との紐づけ・開示 等

●【STEP3】 自社と社外の評価を統合し、重要課題候補の策定

各ステークホルダーからの期待・社外から見た重要度と、アスクルグループにとっての重要度や影響度の2軸で評価し、マテリアリティ(重要課題)の候補を選定。

【マテリアリティ評価マップ】

●【STEP4】 経営陣による議論検討、マテリアリティ(重要課題)の特定

経営会議での議論、社外取締役を含む各役員からの意見・検討、2020年12月のCSR委員会での妥当性確認、取締役会での決議を経て、アスクルのマテリアリティ(重要課題)を特定・公表。

特定されたアスクルのマテリアリティ(重要課題)

マテリアリティ(重要課題) 関わりのあるSDGs
【DX】
DXによるサービスの変革
最高の顧客体験の創造
革新的バリューチェーンの構築
8:働きがいも経済成長も 9:産業と技術革新の基盤をつくろう 17:パートナーシップで目標を達成しよう 目標8 働きがいも経済成長も
目標9 産業と技術革新の基盤をつくろう
目標17 パートナーシップで目標を達成しよう
【共創】
共創によるイノベーション
資源循環型プラットフォームの実現
商品とサービスを通じた新たな価値の創出
9:産業と技術革新の基盤をつくろう 12:つくる責任つかう責任 14:海の豊かさを守ろう 15:陸の豊かさも守ろう 17:パートナーシップで目標を達成しよう 目標9 産業と技術革新の基盤をつくろう
目標12 つくる責任 つかう責任
目標14 海の豊かさを守ろう
目標15 陸の豊かさも守ろう
目標17 パートナーシップで目標を達成しよう
【環境】
次世代につなぐ地球環境への貢献
脱炭素社会の実現に向けた挑戦
生物多様性の保全
7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに 12:つくる責任つかう責任 13:気候変動に具体的な対策を 15:陸の豊かさも守ろう 目標7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
目標12 つくる責任 つかう責任
目標13 気候変動に具体的な対策を
目標15 陸の豊かさも守ろう
【サプライチェーン】
責任あるサプライチェーンの構築
サステナブルな調達の実現
ライフラインとしての責任の全う
8:働きがいも経済成長も 9:産業と技術革新の基盤をつくろう 11:住み続けられるまちづくりを 12:つくる責任つかう責任 15:陸の豊かさも守ろう 目標8 働きがいも経済成長も
目標9 産業と技術革新の基盤をつくろう
目標11 住み続けられるまちづくりを
目標12 つくる責任 つかう責任
目標15 陸の豊かさも守ろう
【人材】
サステナブルな企業活動を支える人材育成
積極的にチャレンジする人材による
イノベーション創出
個々人が能力を発揮する
ダイバーシティの推進
4:質の高い教育をみんなに 5:ジェンダー平等を実現しよう 8:働きがいも経済成長も 目標4 質の高い教育をみんなに
目標5 ジェンダー平等を実現しよう
目標8 働きがいも経済成長も
【基盤】
 
健全な財務体質の維持・向上
透明性の高いガバナンスの実現
(含むデータセキュリティ)
心身ともに安心・安全に働ける健康経営
1:貧困をなくそう 3:すべての人に健康と福祉を 16:平和と公正をすべての人に 17:パートナーシップで目標を達成しよう 目標1 貧困をなくそう
目標3 すべての人に健康と福祉を
目標16 平和と公正をすべての人に
目標17 パートナーシップで目標を達成しよう

今後、長期ビジョンの策定、重要指標(KPI)の検討・設定を進めるとともに、ステークホルダーとの対話、活動の検証・見直し・開示を継続して行ってまいります。

アスクル株式会社 メディカル部, アスクル株式会社 CSR推進部, 株式会社ディ・エフ・エフ

マテリアリティ(重要課題)に基づく目標・KPI 一覧

マテリアリティ(重要課題)に基づく目標・KPI 一覧

マテリアリティ
(重要課題)
アクションプラン
(取り組み事項)
KPI
(計画・目標)
【期間・期限めやす】
2022年
5月期
2025年
5月期
2030年
5月期
【DX】 DXによるサービスの変革
1 最高の顧客体験の創造 【 既存サービスの磨き込み・進化 】
  • サービス改善等による顧客満足度の向上
  • お客様継続率:2pts向上 (2021年5月期比)
     
  • テクノロジー活用によるお問い合わせ一次解決率向上*1
  • 85% → 90% (2021年5月期比)
     
【 新サービス提供・CX進化 】
  • テクノロジーを活用したより簡単便利な購買機能の進化
  • 検討
     
2 革新的バリューチェーンの構築 【 バリューチェーン全体の進化 】
  • アスクル起因の欠品ゼロ
  • 仕組みの実現
     
  • (配送)お届け品質向上・配送遅延の削減
  • 遅延 0 達成
    (お約束履行率100%)
     
【 商品情報の進化 】
  • ステークホルダー間のオープンな「商品情報共有プラットフォーム」の構築
  • プラットフォーム構築 
     
【共創】 共創によるイノベーション
3 商品とサービスを通じた新たな価値の創出 【 PB商品の環境対応 】
  • PB商品の環境対応
  • PB商品の環境基準、ネガティブリストの策定
     
【 新たなサービスによる社会課題解決 】
  • メーカー廃棄予定商品の販売プラットフォーム実現
  • 計画・目標・KPIの策定
     
  • 「買物弱者」支援*2
  • 検討
    (地方過疎化対応のローカルコマースサービス等の構築)
     
4 資源循環型プラットフォームの実現 【 資源循環型サービスの実現・実装 】
  • 資源循環型サービス構築
  • 資源循環型サービスの開始
     
【 廃棄物ゼロチャレンジ 】
  • AIによる在庫適正化、廃棄しない運用の確立等による商品廃棄ゼロ達成
  • 商品廃棄ゼロ達成
     
  • 物流センターで発生する入荷時に使用された梱包資材の全量再資源化
  • 全量再資源化
     
【環境】 次世代につなぐ地球環境への貢献
5 脱炭素社会の実現に向けた挑戦 【 アスクルグループのCO2ゼロ 】
  • 「CO2ゼロチャレンジ」の達成
  • 「CO2ゼロチャレンジ」の達成 
     
  • 植林等によるCO2吸収の取り組み
  • 検討
     
  • お客様が選べる環境配慮に最適な配送・お届け方法の提供
  • 計画・目標・KPIの策定
     
【 サプライチェーン全体でのCO2削減 】
  • SBTの達成
  • SBT達成(スコープ3のCO2を12%削減)*3
     
  • 商品環境基準に基づく商品CO2排出量の見える化・削減貢献量の算定
  • 商品CO2見える化・削減貢献量算定の完了
     
6 生物多様性の保全 【 認証商品の取り扱い拡大 】
  • 木材・紙製品の認証商品の拡大
  • 計画・目標・KPIの策定
     
【 海洋プラスチック汚染問題への対策 】
  • 地方自治体への海ゴミ回収協力
  • 具体策の検討
     
【サプライチェーン】 責任あるサプライチェーンの構築
7 サステナブルな調達の実現 【 サプライヤ調査・監査 】
  • サプライヤへのCSR調査実施
  • (サプライヤCSR調査)実施
     
  • PB製造委託工場への監査実施
  • (対象工場の監査)100%完了
     
【 ステークホルダーとの連携 】
  • 全取引先へのアスクル信頼度調査実施
  • 全取引先への実施
     
8 ライフラインとしての責任の全う 【 「ライフライン商品」*の拡充・安定供給 】
*「ライフライン商品」:非常時にも必要とされる生活必需品
  • 「ライフライン商品」の開発・安定供給体制の構築
  • 「ライフライン商品」の検討・特定
  • PB開発・安定供給実現
     
【 レジリエントな物流ネットワークの構築(BCP強化) 】
  • 免震化・冗長化を前提とした物流センター配置
  • 計画・実行
     
  • 需要変動・有事に即応できるサプライチェーン構築
  • 計画・目標・KPIの策定
     
【 プラットフォームを活用した災害支援 】
  • 自治体との災害時支援協定の締結
  • 全アスクル物流センター所在自治体との締結
     
【人材】 サステナブルな企業活動を支える人材育成
9 個々人が能力を発揮するダイバーシティの推進 【 女性管理職比率 】
  • 女性管理職比率 の向上
  • 30%達成
     
【 ハンディキャップ(障がい者雇用・活躍) 】
  • 障がい者雇用率の遵守・向上
  • 法定雇用率 2.3%以上遵守
     
【 シニア制度 】
  • セカンドキャリアチャレンジ制度
  • 制度の確立・開始
     
10 積極的にチャレンジする人材によるイノベーション創出 【 チャレンジする人材の育成、できる環境・制度の整備 】
  • 社内表彰制度
  • 制度の確立・開始※2023年5月期まで
   
  • 全社育成計画策定・実践
  • 体系定義・策定 (DX人材育成含む)
     
【 DX人材の採用・育成 】
  • DX人材採用(中途、新卒) 
  • DX人材採用比率 70%達成 (継続)
     
 
【基盤】 11 透明性の高いガバナンスの実現 【 グループガバナンスの強化 】
  • 重大コンプライアンス違反の防止
  • 不祥事・重大法令違反ゼロ件 (継続)
     
(ガバナンス)
データセキュリティ
【 情報セキュリティの確保 】
  • セキュリティインシデント低減・防止
  • 重大事故ゼロ件 (継続)
     
12 心身ともに安心・安全に働ける健康経営 【 ヘルスケアの充実 】
  • 「健康経営」への取組み・推進
  • 方針策定、計画・目標・KPIの策定
     
【 エンゲージメントの強化 】
  • 従業員満足度向上・エンゲージメント強化
  • 計画・目標・KPIの策定
     
13 健全な財務体質の維持・向上 【 収益性の向上 】
  • 中期経営計画の達成
  • 売上高5,500億円、営業利益率5%、ROE20%
     
【 財務基盤 】
  • 中期経営計画を支える強固な財務基盤の構築
  • CCC(キャッシュコンバージョンサイクル) 約▲20日
     
アスクル株式会社 メディカル部, アスクル株式会社 CSR推進部, 株式会社ディ・エフ・エフ